リビルド

消えそうな空が
誰かの哲学を
ぬるい風ごと
飲み込んでいく

どうしたって
嫌って
抗っていたくて

お前を赦せないから

世界が非を認めて
今更 理不尽な原理を
正したって遅いの

傍観者に埋れて
舞台上の役者を観ていた
その黒い目が嫌い

美しい花と
それを喰らうものが
同じ水槽で揺れるような感覚

狂いそうな鏡の中

これまでのことを思い出して
生きていなかったこれまでを
壊して大事に箱にしまって
さめざめと泣いてはじまる

世界が非を認めて
今更 理不尽な原理を
正したって遅いの

傍観者に埋れて
舞台上の役者を観ていた
その黒い目は過去の目